h-08

新型シエンタにはトヨタ自慢の
ハイブリッドシステムが搭載されています。

ライバルのフリードには既に搭載されているので、
今回のフルモデルチェンジでもハイブリッドが
ラインアップに加わるものと期待されていました。

ここではそんなシエンタ ハイブリッドの
口コミと評判をチェックしてみましょう。

シエンタ ハイブリッドの動力性能



「新型シエンタ ハイブリッド」は
最高出力74ps、最大トルク11.3kgmのエンジンと、
最高出力61ps、最大トルク17.2kgmのモーター
を組み合わせたシステムです。

1.3トンを超える車体に通常の1500ccのスペックを
大きく下回るエンジンなのでパワー不足が
気になるところです。

しかし、エンジンパワーが必要な発進時などは
モーターがアシストしてくれるので、
口コミなどを見ても、パワー不足という評判はなく、
ストレスなしに加速してくれるという評判が多いようです。

この「シエンタ ハイブリッド」、
さすがに長い上り坂ではあまり余力はありません。

若干もっさりとした加速になるようですが、
これに対しても口コミを見る限り大きな不満を
訴える評判はないようです。

「シエンタ ハイブリッド」の燃費



「新型シエンタ ハイブリッド」で
一番気になる燃費ですが、口コミの数そのものは
少ないのものの、おおむねリッター20キロ程度
走っているようです。

皆さんが期待している燃費は実現されているようです。

「シエンタ ハイブリッド」の走行性能



「シエンタ ハイブリッド」の走行性能については、
ミニバンにしてはロールが少なくスポーティな
ドライブが楽しめるという意見があります。

しかし、その一方で、
柔らかめのセッティングなのに
高速走行時に舗装の継ぎ目を感じるとか、
でこぼこ道で突き上げが大きいといった
口コミも聞こえてきます。

こうした突き上げ感を除けば乗り心地は良好なようで、
この点では評判はいいようです。


「シエンタ ハイブリッド」の室内空間



「シエンタ ハイブリッド」はハイブリッドシステムを
搭載しているにもかかわらず、低床フロアを実現し、
乗降もしやすいところは評価されています。

しかし、
それと引き換えに初代シエンタと比べて、
床下部分の収納が少なくなったことについては
ネガティブな評判もあるようです。

フリード ハイブリッドとの比較



「シエンタ ハイブリッド」の直接のライバルは
「フリード ハイブリッド」です。

このライバルに対しての
口コミ、評判はどうでしょうか?

まず、動力性能についてはフリードの方が
エンジンパワーは大きいのですが、
加速感についてはモーターアシストが
強力な「シエンタ ハイブリッド」を評価する
意見が多いようです。

また、居住性についても乗り降りのしやすさ、
3列目シートの快適性でシエンタに軍配を上げる
評判が多いようですね。

そして、肝心の燃費については
カタログデータどおり
「シエンタ ハイブリッド」の圧勝です。

フリード ハイブリッドは実燃費で15~16キロです。

場合によってはハイブリッドとも思えない
リッター12キロ程度になる
という口コミもあります。


ここでは賛否が分かれやすい
「シエンタ ハイブリッド」の
エクステリアに関する口コミや評判は
チェックしていません。

しかし、
「シエンタ ハイブリッド」は性能面については
全体的に高い評価を受けていることがわかります。

もちろん自分で乗る車ですから、
こうした口コミ、評判も参考にしながら、
「シエンタ ハイブリッド」に
ぜひ試乗してみることを勧めます。

新型シエンタを最安で購入する3つの秘策


新型シエンタが誕生しました。

新型シエンタのカラーはバリエーション豊かで
自分好みのカラーを選ぶ楽しさがありますね。

そんな新型シエンタですがまだまだ値引きは
厳しい状況が続いています。

しかし、値引きが厳しい時でも
最安で購入できる方法があるのご存知ですか?

たった3つの簡単な方法なんですが、
下記の記事に詳細にまとめています。

詳細はこちらからご確認頂けます

自宅で数分で出来るような
目からうろこのような方法ですので
一度確認してみてください。



同時によく読まれている記事





 タグ