h-06

新型シエンタは斬新なエクステリアとボディカラー、
良く煮詰められたパッケージングなどで人気を集めており、
納車待ちは5カ月以上と言われています。

となると
値引きもかなり厳しいのではないかと思われますが、
そんな新型シエンタの値引き情報と値引き目標に迫ってみます。

新型シエンタの値引き



新型シエンタは人気もあり、
既に納車待ちの状態になっていますから、
比較的値引きをしてくれるトヨタでも
値引き条件は厳しい状況です。

通常であれば7万円が限度で、
値引き目標としては12万円といったところでしょうか。

もちろん12万円の値引きをゲットするには
かなりの努力が必要になってきます。

新型シエンタ値引きのテクニック



決算時期を狙うのも大事ですが、
一番効果があるのは他社と競合させることです。

シエンタは1500ccで7人乗り、
となるとライバルはフリードしかありません。

幸いフリードにはハイブリッドモデルもありますし、
ボディサイズも同じようなものだからです。

ただ、問題はフリードは発売から7年経過という
少し古いモデルになります。

だから、大幅な値引きを引き出して、
「本当はシエンタがいいけど、
 フリードはこんなに値引いてくれる」
という話に持って行く必要があります。

もう一つ効果的なのがシエンタ同士の競合です。

シエンタは一時期はネッツ系列で取り扱っていました。

しかし、今回のモデルチェンジ前は
カローラ店だけの取り扱いでした。

しかし、新型シエンタになってからは、
ネッツ、トヨタ、トヨペットも含め、
全トヨタ系列で販売することになったのです。

となると全く別の会社ですから、
シエンタ同士の競合も可能というわけです。


新型シエンタは発売以来の人気で、
ディーラーもたくさんのバックオーダーを
抱えていることもあって、しばらくは強気の販売で、
値引きの大幅な拡大は難しいところです。

ここは9月の中間決算に向けて、
シエンタ同士の競合といった作戦も使いながら、
ぜひ値引き目標12万円をゲットしたいところですね。

ただ残念なのは値引き額の少なさです。

車は購入価格がどうしても高額になるので、
できるだけ支出を少なくしたいところでしょう。

下記の別記事で値引き以外に新車を安く購入する
方法を詳細に説明していますので、
是非目を通してみてください。

新型シエンタを最安で購入する3つの秘策


新型シエンタが誕生しました。

新型シエンタのカラーはバリエーション豊かで
自分好みのカラーを選ぶ楽しさがありますね。

そんな新型シエンタですがまだまだ値引きは
厳しい状況が続いています。

しかし、値引きが厳しい時でも
最安で購入できる方法があるのご存知ですか?

たった3つの簡単な方法なんですが、
下記の記事に詳細にまとめています。

詳細はこちらからご確認頂けます

自宅で数分で出来るような
目からうろこのような方法ですので
一度確認してみてください。




 カテゴリ

 タグ